排卵痛からの解放

私自身、3人の息子のうち、帝王切開で2人を産みました。


帝王切開のあと、排卵痛が出てきました。


卵巣の周りの癒着です。


そして、年齢と共に子宮も老化するのでしょう。

線筋症もあるとのことでした。

内膜症が、子宮の外側にできるものです。


排卵痛は、卵巣が引っ張られる感じがして、

硬い石みたいなものが引っ掛かっているような痛みが続いていました。


痛み止を飲んでも効きません。


生理の2週間前くらいから痛みだし、

生理が来るまで痛みがありました。


婦人科に行き、漢方を処方された時に、

何でもっと早く来なかったの?

あなたは人生の半分を無駄にしているものだと言われました。


確かに、

生理周期は28日、

そのうち2週間痛いと言うことは月の半分が

痛みのある生活だと言うことです。


その痛みのある生活から、

だんだん解放されたのがアロマセラピーでした。


私はアロマに沢山救われていますが、

排卵痛もその一つです。


アロマトリートメントを週に1回受けてみると、

その月は排卵痛がなかったのです✨


嘘みたいでした。


生理前の不快な症状さえもなく、

突然生理が来たような感じてでした。


体調によって排卵痛も、

2日ほど痛みがあってその後は無いときもあれば、

痛くて動きたくないときもあります。


痛くて動きたくないときは、

セルフトリートメントをすると次の日楽になります。


こんな風に、アロマセラピーによって、

排卵痛もコントロールできるようになると、

人生の半分を無駄にしなくて済みます。


排卵痛に悩んでる方は、

『あろまはうすくろーばー』に

ご相談くださいね。