エストロゲン・プロゲステロン

女性の性周期は、

1ヶ月程度でリズムを作っています。

月経が始まると

『エストロゲン』が卵巣の中で分泌され、

排卵とともに卵胞から『プロゲステロン』が出ます。

 

『エストロゲン』・『プロゲステロン』

は女性ホルモンではよく聞く名前だと思います。

 

エストロゲンの主な作用は

膣の浄化

骨を作る

女性らしい体を作る

受精卵の着床を助ける為に子宮内膜を厚くする

 

 

プロゲステロンの主な作用は

基礎体温をあげる

子宮内膜を維持し、妊娠の準備をする

食欲増進作用

イライラしたり腹痛、頭痛が起きる

吹き出物ができる

 

エストロゲンはとても良いホルモンで、

プロゲステロンは妊娠を望んでいない方には

あまり良いホルモンだと思わない方もいると思いますが、この2つのホルモンの働きをバランスよく保つことにより、女性が成り立っていると言えます。

 

エストロゲンは年齢とともに減り、

卵胞の産生が終わるとともに

生理が終わります。

すると、エストロゲンの分泌が減るため、

更年期障害と言われる症状が起きやすくなります。

 

 

この2つのホルモンが出る為に、

指令を出している場所が

脳の『視床下部』『下垂体』という部分です。

 

ここの働きをしっかりとさせないと、

ホルモンの分泌がうまくいかず、

生理不順を起こしたり

精神的に不安定になったりします。

 

この部分を更に支配していると言えるのは

『自律神経』です。

 

このすべてのサイクルをうまくいかせると、

気持ちが安定し、落ち込みや不安感が緩和され、

心と体も楽になってきます。

 

自分の状態をよく知りながら生活することで

とても過ごしやすくなると思います。

 

『くろーばー』では

しっかりとカウンセリングを行い

私自身も一緒に向き合い、

ご自身のからだのサイクルを感じていただきます。

 

 

そして、アロマセラピーで

ホルモンバランスを整える手助けをいたします。

 

頭痛

不安感

不眠

イライラ

吐き気

腹痛

体がだるい

やる気が起きない

肌荒れ

 

など、気になる事がある方はご相談ください🙇